探偵の歴史

小説などでも良く知られているように、探偵はヨーロッパで盛んな職業の1つで、日本で始まるよりも先にイギリスなどを中心に展開された職業の1つです。日本では、それほど歴史が古いわけではなく、最も古い探偵業としては幕末頃にその存在が確認されています。 なお、現在のように許可制ではなく、個人事業としての認識が強かったのですが、明治後期に探偵業についても法改正が行われて、許可なくして営業できないという現在のスタンスに変わったのです。 そうして事務所などを構えてそこに依頼者が調査を頼みに行くといった形が探偵のスタンダードになったのですが、インターネットが主流となった現在では、インターネットや電話、メールを介しての依頼や相談もスタンダードになってきています。

これから先、探偵への依頼はこれまでよりももっと便利に、そして気軽になるのではないかと予測されています。その理由の最たるものがインターネットです。インターネットを使えば自宅に居ながらにして依頼をすることが出来ますし、現状を伝えることで、探偵への調査依頼が必要かどうかといった相談、また調査についての打ち合わせをすることも可能です。 現在ではほとんどの探偵事務所でインターネットなどによる広告活動はもちろん、アクセス方法の1つとしてネットを用いているため、今後はそうしたネットワークがより活性化するのではないかとみられているのです。 なので、これからは、特定の人だけでなく、広く色々な人に探偵という仕事が知られ、利用率も高くなるのではとみられています。